ふるさと納税

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付をすることにより、その地域を応援することができ、さらに住民税(一部所得税)の減額される、みんなが幸せになれる制度です(^^♪

ふるさと納税の仕組み


納税と呼ばれていますが、実際は地方自治体への寄付を通じて、自分の故郷や思い入れのある地域などの地域創生に参加することができる制度です。

そして、そのお礼としてお肉やお米などのその地域の特産品や名産品がもらえることが人気を集めていて、その額も急成長しています。

まず、寄付をする地方自治体を決めて、寄付を行います。すると、寄付をした団体から、お礼の品と、少し遅れて寄付を証明する「受領書(寄付金受領証明書)が送付されます。

確定申告の手続きを行うと所得税の還付や個人の住民税の控除が受けられ、実質的に負担するのは2,000円となります。

ご自分のふるさとでなくても寄付ができますので、気に入った返礼品を扱っている自治体を見つけて寄付をしてお得に返礼品をもらいましょう(^-^;



ふるさと納税の限度額


支払予定の住民税の全額が、寄付控除の対象にはなりませんので注意する必要があります。
限度額以上の寄付しても控除は受けられませんので、結果的に役所からの返礼品を割高で購入するということになります。
所得額によって累進して大きくなっていく所得税率にも影響されますが、一般的な家庭なら住民税の20%程度が寄付金控除の限度額と思って問題ないです。または、給与明細に表示されている住民税のの控除額の2倍程度ならほぼ限度額に収まるはずです。

詳しくシミュレーションするなからこちらで計算できます。



ふるさと納税の還元率


寄付金に対しての返礼品の還元率は自治体によってかなり幅があります。
還元率は、[返礼品金額」÷「寄付金額」で計算することができ、高いほどお得になります。
さとふるなどのサイトでは、寄付金額と返礼品は表示されていますが、返礼品の金額は非表示ですので返礼品の価格を調査する必要があります。
都城市の黒豚や田辺市の梅干しなどが還元率が高いといえます。